過ぎゆく光(FC2版)

相棒はPENTAX k-3、RICHO GR、iPhone。猫、カエル、あじさい、水をめぐる情景など。モノクロや多重露光、レンズベビーなどを模索中。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夕暮れ、橋の上

佃大橋の上。

橋の向こうは佃煮で有名な佃。

ここは家康の命を受けて、摂津国佃村(大阪)の漁夫33人が移り住み、

元からあった砂州に土砂を埋め立てて拡張。

故郷にちなんで「佃嶋」と命名したそうだ。

140827-1.jpg



ぽちっと応援お願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ


こちらもぽちっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

モノクロ写真ブログ『山猫倶楽部』はコチラ♪ 

我が家のベンガル猫ブログ『なるくる汁おかわり!』はコチラ♪
スポンサーサイト
  1. 2014/08/27(水) 20:48:06|
  2. 東京湾百景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<家に帰るまで… | ホーム | 流れる光の帯>>

コメント

きり、っとしているので思わず姿勢を正して鑑賞させて頂きました^^。工事中のビルが見えますが、今後はこの辺りの景色も変っていくのでしょうか?
記録に残しておきたいですね。
佃の由来、初めて知りました。
  1. 2014/08/28(木) 00:57:13 |
  2. URL |
  3. un giorno #gOAUqTh.
  4. [ 編集 ]

へぇ~佃って元は大阪だったんですか?
初めて知りました!それなら大阪の分家みたいなもんですね^^
家康さんは佃煮が好きだったんでしょうか(^^)/
  1. 2014/08/28(木) 09:20:25 |
  2. URL |
  3. タメ #-
  4. [ 編集 ]

摂津国佃村(大阪)の漁夫33人が移り住み…
と言われると、夕景と重なって漁夫達が見えて
きそうです。
美しい夕景ですね。
  1. 2014/08/28(木) 10:59:07 |
  2. URL |
  3. 小太郎 #/4liJjf6
  4. [ 編集 ]

佃煮で有名ですね・・月島あたりでもよく遊んでました
街の風景も面白い被写体が多いところですね
  1. 2014/08/29(金) 08:49:08 |
  2. URL |
  3. ぱふぱふ #-
  4. [ 編集 ]

☆un giornoさん
このあたり、まだまだ超高層マンションが増えていきそうですね。
戦後まもなくの写真とかだと、たしかこのあたりおそろしく田舎でしたよ。

☆タメさん
家康に献上したというよりは、自分たちの保存食として佃煮を食べていたようです。
あ~、佃煮と白いごはんが食べたくなってきました(^^;

☆小太郎さん
江戸時代はどんな風景だったんでしょうね。
きっとのどかで、今からは想像もできない風景が広がっていたのでしょうね。

☆ぱふぱふさん
佃煮ですよね^^
月島もすぐとなりですね。
下町情緒の路地裏が残っていて、なかなか味わいがありますよね。
  1. 2014/08/30(土) 01:30:21 |
  2. URL |
  3. バジリコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photobasilico.blog.fc2.com/tb.php/103-6b07a042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

basilico

Author:basilico
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (5)
東京湾百景 (22)
猫 (12)
ワビサビ (6)
空間 (8)
スピード (4)
植物 (25)
テーブルフォト (6)
多重露光 (9)
冬景色 (17)
動物 (14)
気になるモノ (9)
さくら (5)
カエル (8)
心の風景 (17)
蒼色のたび (5)
夜 (16)
蔦のからまる… (2)
あじさい (14)
雨 (7)
水辺 (7)
selfie (1)
秋 (6)
車窓 (2)
春 (2)
旅日記 (15)
エスカレーター (7)
谷津干潟 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。